はまだ塾の特徴


オーダーメイド型個別指導

一人一人に応じた学習プランを設定します。講義式の集団授業ではなく、一人ひとりの学力に応じたところから個別の学習を進めていきます。 

個別指導塾では、学生のアルバイト講師が指導することが多いですが、指導経験20年以上の塾長がすべての生徒さんの指導を行います。

学校の授業がわからないというお子さんは、学校での学習内容を考慮しつつ、つまずいている箇所の復習もしながら基礎学力をつけていきます。学校の課題の提出ができていないお子さんは、学校教材を使って指導する場合もあります。

  個々の理解に合わせたペースで進めていくので、わかっている問題の説明は省き、苦手な問題を繰り返しやるというように効率的に学習ができます。勉強が得意なお子さんは先取り学習を進めて応用問題にもチャレンジしていきます。

少人数制の授業

時間ごとに定員を設けており、少人数で指導します。

他の人と一緒だと集中しにくいお子さんや、苦手科目をじっくりと教えてほしいお子さん対象の1対1もしくは123の個別指導のクラスもあります。子どもたちや保護者の方とのコミュニケーションを大切にし、小さな疑問や不安にも丁寧に対応していきます。

学習指導だけでない進路指導

通級指導教室を利用している子や不登校している子の学習指導も行います。単に勉強を教えるだけでなく、中学卒業後またその先を見据えて、その子にとってどのような進路選択がいいのか、そのためにはどんな学習が必要なのかを、ご本人・保護者の方と一緒に考えます。

発達に凸凹があるお子さんにとって(そうでないお子さんにとっても)、中学生活は本当に大変です。授業に出て、部活に出て、与えられる課題をこなす…それを思春期真っ只中の集団の中でやらなければいけない。真面目なお子さんやお母さんほど追いつめられてしまいます。
お子さんがもっているエネルギー量は一人一人違いますし、時間もお金も限りがあります。どこに力をいれて、どこで手を抜くのか、そんな見極めも必要だと思います

数学のみの受講が可能

「中学に行ったら塾には行かないと…」「どの教科も心配だから5教科教えてくれる塾じゃなくちゃ…」 本当にそれでいいのでしょうか?

本来、勉強は自分でやるものです。つまづいている箇所はどこなのか、そこを埋めていくためにはどんなふうに学習を進めたらいいのかの道筋をつけるのは塾の役割、子どもたちは自分でできる問題は自分でやったうえでわからないところは聞く… 塾はそんな風に利用してほしいと思っています。

 

はまだ塾は特に数学に強い塾です。「数学が苦手だから数学だけ教えてほしい」「英語は小学校から通っている教室があるから数学だけ通いたい」という方、大歓迎です。そして、本当に必要に必要だと感じた時にはご相談ください。英語だけでなく、国語、入試の際の志望動機書の書き方指導などの指導実績もあります。